防水スプレーが「効かないなあ」という方には自宅で撥水加工を!

防水スプレーより効果がある撥水剤(撥水加工)とは

妻には隠してましたが、私はレインウエアを「使い捨て」で使ってました・・。

私の使用頻度では一年くらいで大体のウエアは撥水しなくなり(この間、防水スプレーを使用するも、ほとんど効果は感じられません) 、ちょっとした雨でベタぁっとしてしまいます。その時点であきらめて、買い替えてきました。

長持ちすることを期待して、いつもより高価なウエアを購入したこともあるのですが、結果はそれほど変わりませんでした。

例えば防水透湿性素材(外側からの雨は通さず、内側からの湿気は外に出す)の代名詞とも言える高級素材のゴアテックス。

霧吹きで撥水加工テスト

このゴアテックスを使用したレインウエアはアウトドア愛好家なら誰もが欲しいと思うウエア。高価格に見合う高品質なのですが、やはり他のレインウエアと同じように、撥水効果は徐々に低下してしまいます。

購入当初、雨に濡れても撥水しているレインウエアは、DWR(Durable Water Repellent)と呼ばれる撥水加工が施されているはずです。


時間の経過とともに、効果がなくなり、"Wet Out"、"ベタぁ"とした状態になります。

その失われた撥水効果を取り戻し、レインウエアを「メンテナンスして、長く使ってください」というのが「撥水剤」です。

選手が着るレインウエアはもちろん、応援する方々にも是非メンテナンスして使っていただきたいです。

おすすめの撥水剤(撥水加工)は、リバイベックスのアウターウエア用撥水剤

ウォッシュイン

撥水剤には様々な種類があります。その中でも当店ではReviveX( リバイベックス)のウォッシュイン(水浸し)タイプの撥水剤をお客様におすすめします。理由は、

  • ゴアテックスのメーカーであるWLゴア&アソシエイツ社によって開発された。
  • アウトドア用品で人気のモンベルが自社のウエアのメンテナンス用として推薦している。
  • 計6種類の撥水剤を実際に試し、コストパフォーマンスが最も良かった。

リバイベックスにはスプレータイプの物もあります。成分は同じ。
スプレータイプより手間はかかりますが、こちらのウォッシュイン(水浸し)タイプの方が安上がりです。
使い方は、

  • あらかじめ衣類の汚れを落とします。
  • 洗濯機に衣類がちょうど浸る程度のぬるま湯を入れます。
  • 大きめの衣類の場合は、1枚につきキャップ9杯(60ml)のウォッシュイン撥水剤を入れます。
  • 衣類を浸し、10分間洗いにかけます。すすぎ洗いが始まる前に洗濯機を止めてださい。
  • 脱水機にかけ、余分な水分を除きます。すすぎ洗いはしないでください。
  • 乾燥機に入れ、中温で1時間乾燥させます。

上記はメーカー推奨の使用方法です。
私は洗濯機には入れず、バケツで手もみ洗いします。(ぬるま湯は衣類が浸るギリギリの少量にして「高濃度」にします。必ずゴム手袋を使ってください。手が撥水加工されてしまいます。)
10分ほど浸した後、すすぎ洗い、脱水して乾燥機にかけます。

温度を選べる乾燥機であれば、低い方を選択してください。選べない乾燥機であれば、標準のままで結構です。また、乾燥時間は15分程度でも、十分に効果があります。

はじめて使われた時には、ちょっとした驚きがあるくらい、撥水してくれます。

リバイベックスのアウターウエア用撥水剤を使ってみました

実際に使ってみた様子を紹介します。
サンプルとして使用したのは5〜6年前に購入した「ピステ」と呼ばれるウエアの上下です。防風防寒が主な目的で撥水機能はもともとそれほどありません。

前述の方法で「上」のみ撥水加工し、「下」は普通の洗濯。「上下」一緒に乾燥機にかけました。

ます、霧吹きスプレーで試してみます。

霧吹きで撥水加工テスト

シュッシュッと15回水をかけました。左が「加工なし」。この状態から1分くらいすると、水が浸みて下のテーブルが濡れてしまいます。右が「加工あり」。水玉を作って撥水してます。

霧吹きで撥水加工テストの違い

次に、ホースを使ってシャワー状にして水をかけたあと、ウエアを手に持って、水を払い落しました。

ホースで撥水加工テスト

「加工なし」はこの状態。

ホースで撥水加工テスト

「加工あり」は、水玉を払い落すとこのようになります。(イカサマではありません)

ホースで撥水加工テスト

ついでですので、バケツに水を入れてそこに浸すとどうなるか、試してみました。

バケツで撥水加工テスト

同じように、バケツからウエアを取り出し、水分を払い落しました。
これは「加工なし」です。

バケツで撥水加工テスト

「加工あり」です。(再び、イカサマではありません)

バケツで撥水加工テスト

「撥水が効かなくなったな」と感じた時に是非お試しください!


こんな素材には撥水効果が得られません

  • もともと撥水効果がない素材
  • 通学用の雨合羽

その他の注意事項

  • 製造メーカー(米国McNETT)によれば、「あらゆるレインウエア、スキーウエア、フリース等も加工可能」と説明しておりますが、当店で何種類ものウエアを試したわけではありません。それほど効果が得られない生地もあるかもしれません。
  • 乾燥機にかけることができない衣類では効果が少ないです。
  • 長靴のような「完全防水」にはなりません。
  • 撥水剤による撥水加工も、時間とともに効果がなくなっていきます。
ウォッシュイン撥水剤

撥水剤(撥水加工)の購入はこちらから!

1本237mlで1,780円。
濃縮タイプ。1本でウエア約8枚を撥水加工できます。

成分は「グリコール」「ワックス」「水」。中性で無臭、色は白濁。

もちろんクリーニングに出して撥水加工するより経済的。新品に買い替えるなんて論外!正しくメンテナンスして新品のような撥水を取り戻しましょう!

送料が600円かかってしまいますので、単品で購入されると割高です。他の商品と一緒にどうぞ!

送料|支払い方法|納期など

  • 【送料】全国一律、何個でも600円
    他の商品と一緒にお買い上げいただいた場合、最も高い送料が1件分のみ適用されます
  • 【お支払い】銀行振込(手数料実費)、商品代引き(手数料250円)、コンビニ・郵便払い(手数料250円)
    手数料はお客様負担となります
  • 【納期】ご注文から2営業日で発送(名入れがある場合を除く)
  • 米国製
  • 商品の仕様、価格は予告なく変更することがあります
  • その他、ご不明な点はお問い合わせください

撥水剤のお申込みはこちらから

Revivex アウターウエア用《撥水剤》

 
1,780 
在庫あり
+
ほしい物リストに追加
1,400 
撥水加工をより効果的にするための洗剤
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

6,060 
撥水剤3本、洗剤1本のセット。
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

1,780 
撥水加工しにくいカバンや靴には防水スプレー。
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

こちらもおすすめです

1,980 

フォームローラーに「乗るだけ」で肩甲骨が広がり、リラックスできます。詳しい使用方法も紹介。数量割引き

7,980 

体の色々な筋肉を協調させながら使う能力、不安定な状態に対するバランス維持能力を鍛える。プロのトレーナーが採用。

1,360 

屋内でも屋外でも使用可。ジャンプ、ステップのトレーニングに。数量割引き

最近チェックした商品