補足説明など

スライドボードを短くする方法

*スライドボードの仕様変更に伴い、下記の方法は使えなくなっております。ご注意ください。(2020/2/25)

スライドボードの横幅がもう少し短い方がトレーニングしやすい」という場合があるかと思います。

少し手間がかかりますが、お客様ご自身で、短くする方法を紹介します。

カットしてしまったら、元には戻せませんので、慎重にお願いします。

また、「上手くいかなかったから交換して欲しい」と言われても対応できませんので、ご了承ください。

******

まず、プラスチックの滑り止めの裏側のシートをはがしてください。
(再度使いますのでそのまま保管してください)

slideboard009

プラスドライバーでネジを全て外します。

slideboard010

外した後、白いボードと黒い滑り止めマットを、ご希望の長さにカットしてください。

カットした後、白ボードと黒い滑り止めマットに、直径約2cmの穴を切り抜きます。

その際、カットして切り落とした方の端材を使って、穴の位置を合わせてください。
slideboard012

穴の位置を合わせ、フタをして、ネジをしめて、シートを貼って完了です。

slideboard011

スライドボードのページへ

壁打ちリバウンダーのネットについて

壁打ちリバウンダーのネットはテンションが高いので、張りっぱなしですと、ネットと、ネットフック、フレームへの負荷が高くなってしまいます。

ですので、使用後は赤枠の箇所だけでも外していただくようお願いします。

サッカーのピッチサイズと作り方

サッカーの試合で、一般的に使われる3種類のピッチサイズの作り方を紹介します。

ややこしい、直角の取り方やペナルティエリア、ゴールエリアの効率的な作り方です。

試合の前のピッチ作りの際に慌てずにすむよう、活用していただければ幸いです。それぞれPDFファイルになってますので、ダウンロードしてお使いください。

少年用(8人制公式)68x50m

少年用(11人制公式)80x50m

一般用68x105m