サッカーはサッカーで上手くなる

得点の匂いがぷんぷん。マイナスのクロスを狙うべき理由

「決定力不足」に悩んでシュート練習に励むより、「チャンスの質の向上」を目指した方が効率がいい場合があります。

「チャンスの質」とは、得点の匂いがするかどうか、シュートが簡単かどうかと言い換えることができます。

かつて、クライフ氏が「相手ペナルティアリア内のゴールライン上(下図の黄色)からのマイナスのクロスは、得点の可能性が高い」と言ったそうですが、相手陣内を深くエグった状態からのクロスは、得点の期待が大きく膨らむ瞬間。守備側にとってはとっても「ヤバい」瞬間です。

続きを読む

全日本少年サッカー大会決勝戦に見る「ビルドアップ」と「前プレ」の戦い

全日本少年サッカー大会の決勝戦。

解説の方もゲストの原口選手も、「上手いですねー」を連発してましたが、ホントに上手いですね。技術レベルが相当高い試合だったと思います。

ゲームの構図としては、GKからビルドアップする青チームと、前からどんどんプレス(以下、前プレ)をかける赤チーム。

小学生のゲームではありますが、昨年10月のプレミアリーグ、「激しいプレスのトッテナム」対「つなごうとするマンチェンスター・シティ」と同じ構図に見えました。

続きを読む

オフサイド研修におすすめの5対3|親からコーチにお願いしてみては?

前回前々回と「お子さんの試合の観戦力を上げる」をテーマにしたところ、「オフサイド」について取り上げて欲しいとの意見がありました。

確かに、オフサイドのルールは独特。
プレーの経験がなければルールを覚えたとしても、なかなか理解できないかもしれません。

そこで、チームのコーチや監督にオフサイドの研修会を開いてもらうよう頼んでみてはいかがでしょうか?

  • 親子でサッカーの理解を深める
  • レフリーへの異議が減る(あるいは正当になる)

などのメリットがありますので、コーチにも喜んでいただけると思います。

続きを読む

ラインを「上げろっ!」の意図を解説(二)~問題のスペースが見えますか?

なぜコーチはラインを「上げろっ!」と叫ぶのか?
前回の記事でラインを上げて、相手を下げるため、と紹介しました。

今回もサッカー経験のないお父さんお母さんを対象に、ラインを上げて「コンパクトにする」を紹介します。

お子さんの試合の観戦力を上げて、「今日の相手はコンパクトだったねー」と親子でサッカーっぽい会話ができるように役立てていただければ幸いです。

続きを読む

ラインを「上げろっ!」の意図を解説|お子さんのサッカーの試合の観戦力を上げる(一)

サッカー経験がなく、サッカーの試合を見るのは小5のお子さんの試合と、たまにテレビの日本代表戦のみというお父さんから質問をいただきました。

「息子のチームのコーチが試合中によく「上げろっ!」って言います。あれはどういう意図なのでしょうか?」

続きを読む

日本のサッカーから「罰走」をなくそう

この夏、小学生(U12)の大会で「罰走」を見ました。

2つの大会で5チーム。

真夏に3~4試合組んである試合の合間に、罰走を命じられて走る選手たち。
その日の最高気温を記録しておけばよかったのですが・・・30度は軽く超えてました。

続きを読む

良い練習メニューを見分ける簡単な2つのポイント

どんな練習をすれば、サッカーが上手くなるのか。次はどういう練習をすればいいのか。
仕事(本業)中も頭を悩ます指導者も多いはず。
 
書籍で勉強したり、ネットで検索したり、高いDVDを買ったり、有給を使ってセミナーやクリニックに参加したり。皆さん、本当に努力されてますよね?

続きを読む