横断幕の生地は2種類に大別

横断幕の作成に使われる生地は「布系」と「塩ビ系」があります。「布系」はポリエステルで、代表的なのが「トロマット」。「塩ビ系」は「ターポリン」が一般的。

横断幕生地・布系の特徴

  • シワになりにくい
  • 小さくたためるので、取り扱いが容易
  • 洗濯できる

横断幕生地・塩ビ系の特徴

  • 耐久性に優れる
  • 印刷がキレイ
  • 折り畳めないので巻いて保管

布系(ポリエステル)の種類

トロマット

しっかりとした質感。透けにくいので横断幕向きです。畳んでもシワになりにくいので、大きな横断幕でも、取り扱いに困りません。

トロマットは、展示会や就職セミナーなどで見かけるオリジナルのテーブルクロス、椅子カバーなどにも使えます。

よく似た生地に「ポンジ」「トロピカル」がありますが、トロマットはポンジ、トロピカルより生地が厚く、丈夫です。

横断幕生地トロマット

ポンジ

テトロンポンジの略で、通称ポンジ。生地は軽く、薄いので透けて見えます。裏側から見ても印刷が見えるので、のぼりの視認性が高まります。

安価なため、大量に制作することが多いのぼり旗の定番生地ですが、耐久性には難があります。

屋外で常設した場合は、3~6か月を目安に交換した方がいいでしょう。のぼりの汚れ、傷みはお店の印象も悪くしてしまいます。

横断幕生地テトロンポンジ

トロピカル

のぼり旗の耐久性を上げたい時は、ポンジの2倍くらい厚いトロピカルを使うことがあります。のぼり以外では、タペストリーや屋内用の横断幕にも。屋外用の横断幕としては、やや耐久性が足りません。

テトロンツイル

のぼりと違って裏抜けしないため、団旗や社旗に適しています。濃い目の色がきれいに印刷されます。

その他の布系生地(横断幕ではあまり使われない)

サテン

パーティーなどフォーマルなドレスによく使われる生地。メタリック調で光沢感ある仕上がりになります。

スウェード

繊維が高密度で編まれているため、耐久性の高い生地。長期屋外用。

塩ビ系の種類

ターポリン

ターポリンは、ポリエステルやナイロンなどの布や織物の両面に、塩ビ樹脂を塗布させた生地です。PVC加工(ポリ塩化ビニル樹脂加工)された合成皮革もターポリンと呼ぶことがあります。

日焼け、色あせに強く、耐久性もあるため、一般的な横断幕には最適な生地です。

遮光ターポリン

中間に黒色の生地が入っているため、光を通しません。そのため、印刷が裏写りせず、両面印刷が可能です。

横断幕生地ターポリン

メッシュターポリン

横断幕を屋外で常設する場合は、風の影響を考慮しなければいけません。風が抜けないと、横断幕への負荷が高まり、丈夫なターポリンでも破れてしまうことがあります。 さらに、横断幕を取り付けたネット、フェンスなどにも影響があります。

メッシュターポリンは、生地に穴があるため、普通のターポリンと比較すると、印刷の色が薄く感じることがあります。

横断幕生地メッシュターポリン

グロスターポリン

グロスターポリンは光沢が強く写真などがきれいに印刷されます。飲食店の料理や人のアップなど、写真画像が多い場合におすすめ。

マットターポリン

マットターポリンは風合いをおさえたシックな仕上がりとなります。

吸着ターポリン

「貼れる」のが特徴。裏面が吸盤のようになっており、剥がしても糊が残りません。何度でも貼って剥がせます。耐久性については、貼る面の素材や状態によって変わり、案外すぐ剥がれたりします。マグネットではありませんので、車などには使えません。

横断幕に関するその他の記事

こちらもおすすめです

6,800 

横断幕はチーム応援の定番。背景デザインと文字だけで横断幕を制作できるデザインコースも。

14,050 

パッと開いてスッと片づけできる!最も簡単に準備できる屋外用大型ディスプレイ。大会やイベントに。軽量でコンパクトに収納できます。

10,070 

スポーツイベント用看板。設置工事不要。軽量で置き場所にも困らない。バナー差し替え可能で繰り返し使えるディスプレイ。

4,980 

番号入りビブス。11色3サイズから。11枚セットと追加で5枚セットも。

360 

無地のビブスにチーム名、スローガン、ロゴなどを印刷してオリジナルビブスを制作。企業、団体、町内会のイベントで。

32,300 

7色の簡易・ワンタッチテント【3x3M】。横幕や重しなどオプションが充実。イベントとスポーツに簡単テント