マーキングの圧着方法と注意事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

準備

  • マーキングのデザインに間違いがないか、もう一度確認をお願いします。(練習用として1個多くお送りしました)
  • おおよその位置を決め、転写物(Tシャツ等)をアイロンで軽くプレスしてしわを伸ばします。(スチームはOFF)
  • アイロンの設定温度の目安は、綿系は140度、撥水系は150度です。(転写物のタグのアイロンがけの絵表示に合わせて下さい)
  • マーキングの両面に透明なフィルムが付いていますので、裏面の粘着面を保護しているフィルムをはがします。
  • marking002

位置決め

  • マーキングを転写物の上に置き、仮止めをします。
  • この状態で実際に転写物を着て、位置を確認されることをおすすめします。
  • marking003

アイロンで圧着

  • マーキングの上にあて布、もしくはクッキングシート(ツルツルな面を下にする)を置き、上から体重を掛けてプレスします。
  • marking004

  • プレスは、アイロンを横に動かさずに17~20秒ほど行います。
  • プレス後、少し時間を置き、表面のフィルムを温かいうちにゆっくりはがします。
  • marking005

  • マーキングも一緒にはがれる場合、もう一度プレスします。
  • 仕上げとして、マーキングに直接あて布(クッキングシート)をのせて、アイロンを2秒プレスします。
  • 一度着用し、洗濯をして角がはがれる場合は、再度アイロンにて2秒プレスしてください。

洗濯時の注意

洗濯・乾燥の際は生地を裏返して、ネットに入れて40℃以下の水で洗ってください。

 

 

マーキング
Fungoal トップ