部品交換でテントが長持ち

簡易テントは従来のパイプテントと違って、設営が簡単な一方で、フレームが破損してまうデメリットがあります。
ワンタッチタイプのテントは、フレームが1本破損したり、曲がったりしただけで、テントしては使いものにならないということになってしまいます・・。

しかし、Fungoalで販売している簡易テントは、全ての部品を交換可能です。

もちろん壊れない方がいいのですが、丈夫さを重視すると簡易性が損なわれてしまいます。一方、簡易性を重視すると丈夫さが失われます。

ここでは簡易テントが壊れてしまった場合の部品の交換方法を紹介します。

事前に破損箇所、個数を調べ、スペア部品をお手元に準備しておいてください。

まず、テントを立てて、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天幕を外します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プラスドライバーを使って、破損箇所を取り外します。この時、小さめのペンチがあると便利です。(この作業は一人でできます)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フレームはスチール製ですが、このように折れてしまうことがあります。外したフレームは使用できません。処分してください。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

複数箇所の破損がある場合、1箇所づつ取り外して、取り付けてからつぎの箇所を外してください。複数箇所を最初に外してしまうと、テントが安定しなくなり、作業がしにくくなってしまいます。

フレームを取り付ける際は、前後左右のフレームを参考しながら取り付けてください。
例えば、このクロスしている部品は、クロスの前後ろが隣と同じになるようにしてください。

この場合、ネジは4箇所で留めますが、1個づつ締めるのではなく、4箇所仮止めしてから、4箇所均等に締め直していくようにしてください。
tent-info-05

付け方が間違っていると、開きませんので、全て交換が終わったら、念のためフレームを広げて確認してください。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フレーム1本の交換だけなら約10分で終了します。

こちらもおすすめです

26,100 

簡易・ワンタッチテント【2x2M】
スペースの限られたイベントやフリーマーケット出店に便利。

32,300 

7色の簡易・ワンタッチテント【3x3M】。横幕や重しなどオプションが充実。イベントとスポーツに簡単テント

70,300 

大型の簡易・ワンタッチテント【3x6M】。アルミ製、大きくても軽量。ワンタッチで開くポップアップテント。イベントテントとして人気。

最近チェックした商品