お知らせ

ミニゲームで能力のある選手の一人舞台になってしまう場合の工夫

ジュニア年代では、ミニゲームが能力の高い選手の一人舞台になってしまうことがあります。

その選手にボールが渡ると、簡単にドリブルからシュート、得点できてしまうからです。次第にゲームが白けてしまいます。

能力のある選手のタッチ数を制限することも考えられますが、今度はその選手のモチベーションが落ちてしまいます。

こうした場合に、シンプルに「シュートはダイレクトのみ」としてはどうでしょうか?

味方がダイレクトでシュートできる丁寧なパス。ダイレクトでシュートするための動き出しとポジション取りが要求されます。

ミニゴールFUNG

 

ミニゲームで幅が狭くなってしまう時の工夫

ゴールを置いてミニゲームをすると、「ゴール」「ゴール」という意識が強くなり、「中へ」「中へ」となってしまうことがあります。

こうした状況が続く場合は、サイドにマーカーでゴールをつくり、マーカー間のゴールは「ドリブル突破」で得点としてみましょう。

ゴールへのシュートは2点、ドリブル突破は1点としてもいいかもしれません。ゲーム毎に勝負にこだわれば、その時々の状況に応じて、リスクを負って2点を狙うか、1点でもよしとするか、などの判断とコーチングも求められます。

ミニゴールFUNG
組立式ゴールVIGO
マーカーコーン

俊敏性/敏捷性/瞬発力を養うトレーニング(4) ~マーカー~

  • 図のようにマーカーを並べます。マーカーの間隔は3Mくらい、一列に5個以上必要です。
  • マーカーには手前から順に番号が付いてます。
  • コーチが数字を言ったらスタートです。
  • 「5-2」「4-1」「3-2」など、最初に大きい数字を言います。
  • 「5-2」の場合、5番目のマーカーまで行ってターン、2番目のマーカーまで行ってターン、ゴールまで。

待ち時間を少なく、集中して、競争しましょう!

スタート時の姿勢を変えてみましょう。

  • 足を伸ばした状態で座る。
  • 足を伸ばした状態で後ろ向きに座る。
  • うつ伏せに寝る。

マーカー

俊敏性/敏捷性/瞬発力を養うトレーニング(3) ~マーカー~

対人形式で、俊敏性、敏捷性を養います。

マーカーあるいはミニコーンを図のように配置します。

マーカーの間隔は、トレーニングの様子を見ながら調整してください。
狭い方に「守備」、広い方に「攻撃」の選手が入ります。

攻撃側(白)は、白のマーカーを跨ぐと勝ちです。
ただし、守備側(黒)が攻撃側より先に、黒のマーカーを跨いでいたら、攻撃側はそのマーカーは跨げません。

下図の状態では、守備側(黒)が、右のマーカーを跨いでいるため、攻撃側(白)は右のマーカーを跨げません。左のマーカーを狙うか、左にいくと見せかけてターン。再度右を狙うなどします。

トレーニングの時間が長くなると、”ダラダラ”になってしまいます。
時間を短く区切って(例えば1回15秒)攻守交代し、ポイントを競いましょう。

マーカー
ミニコーン

俊敏性/敏捷性/瞬発力を養うトレーニング(2) ~マーカー~

マーカーを使った俊敏性、敏捷性を養うトレーニング(1)と同様のマーカーの配置にします。

  • マーカーを図のように配置してください。
  • マーカーの間隔に決まりはありません。ここでは3mと6mくらいに設定します。
  • マーカーを8の字を描くように回ります。
  • この時、体の向きは一定に保ちます。
  • 隣の選手と競争しながらトレーニングするとより効果的です。

マーカーを追加して連続して8の字ターンしてみましょう。

8の字ターンの最中は体の向きが一定になるように注意してください。
前向き、横向き、後ろ向きも行ってください。

スタート時の姿勢を変えてみましょう。

  • 足を伸ばした状態で座る。
  • 足を伸ばした状態で後ろ向きに座る。
  • うつ伏せに寝る。

マーカー

俊敏性/敏捷性/瞬発力を養うトレーニング(1) ~マーカー~

マーカーを使って、3mから5mの俊敏性、瞬発力を養うトレーニングを紹介ましす。

  • マーカーを図のように配置してください。
  • マーカーの間隔に決まりはありません。ここでは3mと6mくらいに設定します。
  • マーカーまで行ってターン→戻ってターン→ダッシュ。
  • 隣の選手と競争しながらトレーニングするとより効果的です。

ターンする箇所を増やしてみましょう。

スタート時の姿勢を変えてみましょう。

  • 足を伸ばした状態で座る。
  • 足を伸ばした状態で後ろ向きに座る。
  • うつ伏せに寝る。

マーカー