リスペクト

スポーツの持つ力

東日本大震災直後の、被災地を想像してみてください。

あるいは熊本地震、九州北部の豪雨の直後の被災地を。

スポーツなんてやってる場合ではないですよね。

必要なものを順番に並べたら、スポーツはずっ〜〜と後ろの方にくるはずです。

いや、必要なものでは全くないかもしれません。

それでも、全てが流されたマイナスの状態からでも、部活やクラブチームの活動が再開されていく様子を知ると、スポーツが、娯楽を超えた存在であると思わずにはいられません。

なければ生きていけないわけじゃない。でも・・・

スポーツで多くのことを経験し、学びます。

大人も子供も、人間として成長するために、スポーツはとても大切なもだと思うのです。

「リスペクト」する価値のある存在なのです。

リスペクトの少年

〜リスペクトとフェアプレー この言葉を世界に広めよう!

イングランド発と言われるリスペクト・プロジェクト。

UEFA(欧州サッカー連盟)ではことあるごとにリスペクトの精神の必要性を強調してます。ヨーロッパの場合、人種差別撲滅の意味合いが強いプロジェクトです。

RESPECT〜直訳すれば、「敬意を表する」「配慮する」となりますが、日本サッカー協会でも2008年からプロジェクトを推進。「大切に思うこと」というすばらしい意訳とともにその精神を積極的に広めています。

「リスペクト」がピンとこなければ、「感謝する」でもいいでしょう。

チームメート、対戦相手、審判、先輩後輩、マネージャー、家族などなど、自分と関わりのある人々に対してリスペクトしましょう。

  • 激しいプレーでボールを奪い合う相手でも、侮辱してはいけない
  • 故意に不当な判定をしない限り、審判にクレームをつけてはいけない
  • (出たくても)試合に出られないチームメートの分まで走らなければいけない
  • 自分一人ではスポーツを続けられない、と知らなければいけない
  • 「観客」はいなくても、見ている人は必ずいる。常に全力を尽くさなければいけない
握手

試合は戦いです。それでもフェアプレーの精神がなければ、勝った後でも後味の悪い思いが残るでしょう。何のために戦っているのか、分からなくなってしまうでしょう。

「リスペクト」と「フェアプレー」。考えれば考えるほど、奥の深い言葉です。

「罰走」とか「体罰」とか、この言葉が広がった分だけ、減るでしょう。

RESPECT & FairPlay

この言葉を世界に広めましょう!