シュート練習用ターゲット

「バルサのカンテラでは、シュートを打つ前にキーパーの位置を見て、サイドに転がすトレーニングを徹底します。その際に大ゴールの中にミニゴールを2つ入れて、そのミニゴールを狙う練習をするんです。」

バルサキャンプジュニアサッカーワールドチャレンジを主催するAmazing Sports Lab Japanの浜田さんに教えていただきました。

バルサと同じシュート練習をしようと思っても、練習でゴールが使えないチームも多い中、シュート練習するゴールがあって、その中に2つのミニゴール・・・

よほど環境が整ったチームじゃないと、無理です。

シュート練習用ターゲット

そこで、このシュートターゲットです。

ゴールの中に入れるミニゴールを用意するより、簡単で手軽!下だけでなく、上にも取り付けできます。

どんなゴールにも対応

ゴールポストにマジックテープで巻くだけですので、本当に簡単に着脱できます。

  • 少年用ゴールでも大人用のゴールでも。
  • ゴールポストが丸くても四角でも。
  • アルミでも鉄でも。

どのカテゴリーでも

対象は小学生から高校生、大人でも練習できます。

使い方

サッカー指導者の方なら、写真を見ていただくだけで、その使い方は一目瞭然。説明不要ですよね。

  • キーパーがいない時のシュート練習もこれで一気に実践的になります。
  • 時間内に一番多く当てた選手にはコーチがアイスクリームを!
  • 交互に蹴って早く当てた方が、次の試合のフリーキックのキッカーに。

サイズと素材

最も大きい箇所で、幅48センチ、高さ36センチです。

枠はスチール、オレンジの生地はナイロンです。

耐久性について

ターゲットにボールが当たったらこうなります。シュートをまとめに受け止めず、パワーを逃がします。

 

シュートがターゲットに当たったら、その都度向きを変えなければいけませんが、素晴らしいシュートに敬意を表してキーパーが直しましょう。

何年もつか?何本当たっても大丈夫か?
申し訳ありませんが、ハッキリとはお答えできません。

(参考情報1)
至近距離からボールを100回ぶつけるテストを行いました。問題ありません。
もし実際のシュートが100回くらい当たって破損してしまったら・・・喜びましょう!100回当たる頃にはチームの決定力は大幅にアップしてるはずです。

(参考情報2)
サンプルを使っていただいてるジュニアユースのチームがあります。週4回の練習でゴールにつけっぱなし。本ページ制作時まで3か月経過しましたが、問題ありません。(ただし、何回当たったかまではわかりません)

シュートターゲットの価格

1セット4つ入りで4,600円。収納袋付。

送料・お支払い・納期について

    • 全国一律、600円(31個以上は900円)
    • 他の商品と一緒にお買い上げいただいた場合、最も高い送料が1件分のみ適用されます

  • 【AmazonPayでお支払い】
    • お客様のアマゾンアカウントでのお支払いとなります
    【当店でお支払い】
    • 銀行振込(手数料実費)
    • 商品代引き(手数料250円)
    • コンビニ・郵便払い(手数料250円)
    手数料はお客様負担となります
    商品価格、送料、手数料は全て税込み表示です
    • 通常、ご注文から2営業日で発送
    • 名入れ・印刷がある場合、別途記載
    • 中国製
    • 商品の仕様、価格は予告なく変更することがあります
    • その他、ご不明な点はお問い合わせください

 

商品のお申込みはこちらから

1セット4個入り。

シュートターゲット

 
4,600 
在庫あり
+

シュート練習のポイント

シュート練習をするにあたって指導者が考えなければいけないことは、次の2点です。

  1. できるだけ、一人当たりのシュート回数が多くなるように
  2. できるだけ、実際の試合に近づけるように

しかし、1と2は矛盾しています。

できるだけシュートをたくさん打つなら、並んでどんどんゴールに向かってシュートすればいいのですが、それでは実際の試合の環境とは程遠くなってしまいます。

反復回数が増えれば、実践から遠ざかり、実践に近づくと、反復回数が少なくなってしまいます。

そのためシュート練習は、可能な限りこの矛盾を解消するトレーニングメニューを考えてみましょう。

反復回数の多いシュート練習

順番に並んでシュートするのが、最も一人当たりのシュート数は多くなります。

シュートまでにパスミス、コントロールミスして、シュート数が少なくならない程度の負荷を加えてみましょう。

青1,2,3の3つのポジションに並びます。

シュート練習1

青1は青2にパス。青2は青1にパスを返します。

シュート練習2

青2はパスを出した後、左右のどちらかに移動します。青3は青2の反対方向に移動します。

シュート練習3

リターンパスを受けた青1は移動した青3にパス。

シュート練習3

青3は走りこんでくる青2に落として、青2がシュート。

シュート練習3

ポジションを移動しながら、繰り返します。
もしこの程度の負荷でパスミス、トラップミスが多くて、シュートまでの回数が少なくなる場合・・・シュート練習より他の基礎的な練習メニューに変更した方が効果が高いでしょう。

実践に近いシュート練習

実践に近いシュート練習としては、3対3+2GKくらいのシュートゲームがおすすめです。

シュートゲームがおすすめ

このトレーニングの課題は、同時にプレーできる選手が少ないことです。GK入れて8人です。その日の練習に何人の選手が参加しているかによりますが、他の選手が休みではもったい。

もし16人の選手が練習に参加していると、半分の選手が休みになってしまいます。

シュートゲームの課題

ゴールがもう一組使えれば、問題は解決しますが・・・ゴール2組を使ってシュート練習できるチームも少ないはず。

そこで、3対3+3フリーマン+2GKにすれば、11人が同時にプレーできます。

シュートゲームの課題

フリーマンがいることで、ボールを持ったチームが6対3になるので、圧倒的に有利。シュートの回数が増えます。

おまけ~シュート名人の動画~

往年の名選手、ベルカンプ。
ボールコントロールからコースを狙いすましたシュートが上手すぎる。

こちらもおすすめです

218,000 

本格的なオールアルミ製のサッカーゴール。少年用(5M)。公式戦でも使えるゴールをお求めやすく。1組(2台)または1台単位での販売。

31,900 

組立式で自由に移動できるジュニア向けサッカーゴール。5x2M。練習、練習試合でも活躍。香川選手出演のtotoテレビCMでも採用。1台単位での販売。

11,800 

ミニゲームを楽しむための丈夫な簡易ゴール。3秒で設置可能。3対3や4対4のミニゲームのモチベーションを上げる。公園でのストリートサッカーにも。1セット(2ゴール)での販売。

最近チェックした商品