コントロールオリエンタードとドリブルの練習メニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スペインに「コントロールオリエンタード」というサッカー言語があります。
聞き慣れない単語でピッタリくる直訳がないのですが、特に新しいわけでも、高度なプレーでもありません。
 

日本の現場で使われる「ファーストタッチ」が近いですが、「トラップ」とは違います。
「次のプレー方向を意識したコントロール」となります。
 
実際の試合のプレーで見てみましょう。

  Fungoal speed-banner  

 
青1が青2にパスを出そうとしてます。
青3は「青2からパスが来るかもしれないな」とイメージしている段階です。青3は自分の前にスペースを見つけました。
 
コントロールオリエンタード
 
青3は自分をマークする相手から少し離れるために、1~2m、スルスルっと移動。
この「スルスル」が大事で、急に動き出したり、スピードを上げて移動すると、相手が警戒してしまいます。
この動きによって、青3とディフェンスの前にパスを受けるためのスペースができました。
 
マークを外す動き
 

青3はパスを受け、「コントロールオリエンタード」で相手ディフェンスの背後(自分が見つけたスペース)にボールを運びました。
 

相手の背後にボールを運ぶ
 
もし青3が青2からのパスを足元で止めていたらどうなるでしょうか?
青3がディフェンスの背後に進むには、ディフェンスと正面から1対1の勝負を仕掛けなければいけません。
多くの場合、後ろに下げるパスを選択することになるでしょう。
 
足元に止めるトラップとコントロールオリエンタード。
正面からの1対1と、(抜かずに)相手の背後を取るプレー。
 
比較していただければ、コントロールオリエンタードがいかに有利な状況を作り出しているかわかります。
 
青3は、天才イニエスタのプレーを再現したのですが、このプレーは天才ではなくても、できそうではないですか?技術的にはグラウンダーのパスをインサイドでコントロールしただけですから。

 

コントロールオリエンタードの練習メニュー

 
4対1のロンドで行います。(3対1でも可)
ロンドの基本についてはこちらも参考にしてください。
ロンドをボール回しにしないために必要な3つのポイント

 

通常のロンドはパスを回すだけですが、ディフェンスの隙を見つけて、自分の向かい側までドリブルでボールを運びます。
 

ロンドプラスドリブル

 
ドリブルで反対側まで行けたらその選手の「貯金」とします。
その後のプレーでミスしてディフェンスに奪われてしまったら貯金を使い、ディフェンスにならなくていいというルールです。
 

具体例で見てみましょう。
1本目のパスをつなぎます。
この時点ではまだディフェンスが付いてきていますので、前に出るプレーは少し強引かもしれません。
 
1本目のパス

 
2本目のパスを素早く通せば、ディフェンスは遅れます。
2本目のパス
 
この時に出来た隙(スペース)を見つけて、コントロールオリエンタードで前に出ます。
パスを受ける最初のタッチで、「グッと」前に出るイメージです。
 

コントロールオリエンタード

 
前に出たら、ドリブルで反対側まで進みます。
ドリブルの途中でディフェンスに奪われたら、奪われた選手がディフェンスに。
成功したら「貯金」。他の選手が空いたスペースを埋めて、プレー再開です。
 
ドリブル成功で貯金1
 

前に出るときの状況判断について

 
ボール保持者に対してディフェンスが正面にいる場合と、少し角度がある場合。
 
状況判断
 
ボール保持者(攻撃側)にとっては後者の方が有利です。上の練習では、正面にいる相手にドリブルを仕掛けるプレーでは、失敗するケースが多いでしょう。しかし、一概に悪いとは言えません。
 
例えば、相手ペナルティエリア内であれば、ゴールに向かう積極的ないいプレーでしょう。
しかしビルドアップの段階では、リスクの高い悪いプレーとなるでしょう。
 
この練習では、実際のゲームの場面までは設定できませんので、こうした状況判断についての説明が必要かもしれません。
 

4対2のロンドでコントロールオリエンタード

 

  • 図のようにグリッドを4分割した状態で4対2のロンドを行います。
  • グリッドから出るにはコントロールオリエンタードかドリブルでのみ出ることができます。
  • パスでグリッドを出ることはできません。
  • 選手の移動に制限はありません。

 
4対2のロンド

 
青1から青4にパス。
青4はコントロールオリエンタードで隣のグリッドへ。
 
コントロールオリエンタード
 

青4とディフェンス二人の動きを見た青3が青4のサポートに入ります。
 
体の向き
 

青3は非常にいい動きでサポートに入ってますが、こちらの方がいいでしょう。微妙な違いがわかりますでしょうか?
 

体の向き正解
 

選手の移動に制限はありませんので、一つのグリッドで3対2になってしまうこともあります。この場合、狭いスペースから逃れるために、できるだけ早くコントロールオリエンタードでグリッドを出た方がいいでしょう。
 
3対2

 
コントロールオリエンタードで出れない場合、ドリブルでの突破を試みます。
 
突破のドリブル
 
突破のドリブル
 

コントロールオリエンタードを強調したミニゲーム

 
次はゲーム形式でトレーニングしましょう。単純なルール設定でコントロールオリエンタードとドリブルを強調します。
 

  • 2対2プラスフリーマン。
  • ラインゴール。
  • 図のようにピッチを3分割し、「ラインをコントロールオリエンタードまたはドリブルで超える」(=ラインをパスで超えない)。
  • フリーマンがドリブルで超えてもよい。
  • バックパスでラインを越えてもよい。

 
2対2プラスフリーマン
 

ドリブル突破

 
このゲームをジュニア年代で行うと、ドリブルが得意な選手の1人舞台になってしまう可能性があります。
その場合、「1人の選手が続けてラインを超えることはできない」というルールを追加してください。
 
1人で続けてラインを越えられない

 

バリエーション

 

  • ミニゴールを準備できる場合はゴールを設置。
  • 3対3プラスフリーマン。

 
バリエーション

(更新日):2018年06月07日 (作成日):2014年10月22日
【サッカーゴール】ミニゲーム・公式戦
サッカー専用トレーニング用品多数
ミニゲーム 公式戦ゴール
サッカー専用練習用グッズ多数
【サッカーゴール】ミニゲーム・公式戦
サッカー専用トレーニング用品多数
ミニゲーム 公式戦ゴール
サッカー専用練習用グッズ多数