くさびのパスを意識したロンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

青チームのビルドアップの局面です。
青1は青2へのパスコースを見つけましたが、
くさびのパス

 

「縦パス」を察知した黄1が少し絞り、門を狭くしました。
パスコースはありますが、キックのちょっとしたズレで、引っかけてしまうシーンです。

  Fungoal bib-banner  

縦パスを引っかけてしまう

縦パス(くさび)を意識したロンド

このパスの精度を上げることを意識したロンドを紹介します。

図のようなグリッドで、3対1のスペースを2つ作ります。
青と赤がボールを保持し、黄色はディフェンス。ディフェンスは基本は各スペースに1人づつ入ります。

真ん中のディフェンスは縦パスのインターセプトを狙います。
3対1を2つ作る
青は3対1でボールを保持しながら、縦パスを入れるチャンスを探します。

縦パスを意識
この際、パスの質、受け方の質にこだわってください。例えば青2から青3へのパスの質、受け方の質によって、次の縦パスの成功率も変わってきます。
詳しくは3対1のロンドを参照してください。

受け方
くさびのパスの基本は、グラウンダーで強い(速い)パスです。
強いパス

ディフェンスによってパスコースを消された場合、あるいは難しいパスコースになってしまった場合は、ボールポゼッションを優先します。ビルドアップの局面では、まずマイボールを失わないことが大切です。

判断変更

ディフェンス(黄)の状況を見て、無理なら「やり直し」で、反対サイドからの縦パスを狙います。

反対サイドからの縦パス

ディフェンスのバリエーション

ディフェンスが3対1でボールを奪えない場合、あるいは「もう少しプレスをかければ奪えそう」と判断した場合、3対1を「3対2にしてもよい」というルールに変更してみましょう。

黄2がチャレンジして前に出ます。同時に黄3も前に出ます。
ディフェンスのチャレンジ
ただ、ディフェンスが前に出てチャレンジした場合、後ろのスペースで圧倒的に数的不利になりますので、このようなポジションでは簡単につながれて、縦パスを通されてしまうでしょう。

ディフェンスのポジション
ディフェンス3人が連携して、効果的なポジションを取れば、ボールを奪えなくても、簡単に縦パスを通されることはなくなります。

ディフェンスのポジション

攻撃側のバリエーション1

縦パスを浮球に限定する。

くさびのパスはグラウンダーが基本ですが、「絶対」ではありません。相手にうまく守られた場合、浮球のパスが必要なこともしばしばあります。

縦パスは「浮球のみで」というルールにしてみましょう。
浮球の処理には時間がかかりますから、ディフェンス側はそこを狙い目にして、ポゼッション側へのプレッシャーを強めます。

浮球
浮球を受けようとする赤1に対して、ディフェンスが寄せてますので、赤2は(例えばヘディングでパスをもらえるポジションで)赤1をサポートします。
サポート

 

攻撃側のバリエーション2

縦パスをダイレクトパスに限定する。

ディフェンス側は常にくさびのパスを警戒してます。
そのため、わかりやすいタイミングでくさびのパスを出そうとすると、パスコースを消され、マイボールを失ってしまいます。

ダイレクトパス

速いパス交換からダイレクトでのくさびのパスを狙いましょう。
コンビネーションパス

 

「無駄なパス」の効果

「なぜボランチは無駄なパスを出すのか?」というタイトルの本がありますが、無駄なパスがどのように活かされるか、縦パスの場面を例に見てみましょう。

冒頭のシーンで縦パスを引っかけた場面です。黄1が少し中に絞ったため、パスコースが狭くなり、縦パスを奪われてしまいました。

縦パスを引っかけてしまう
先程失敗した青1は、青2へのパスコースを見つけつつ、一旦青3へパスを出します。
この無駄なパスで黄1は青3に寄せざるを得ません。

青3は青1にリターン。
青1は黄1が中に絞る時間を与えず、ダイレクトで青2へ縦パスを通します。
先程より門が広い分、パス成功の確率が高くなります。
無駄なパス

 

このように、キックの精度を上げる同時に、縦パスのパスコースを作る(広げる)ことも意識してトレーニングしてください。
また、縦パスを入れる練習も参照してください。

(更新日):2018年06月07日 (作成日):2014年09月02日
【サッカーゴール】ミニゲーム・公式戦
サッカー専用トレーニング用品多数
ミニゲーム 公式戦ゴール
サッカー専用練習用グッズ多数
【サッカーゴール】ミニゲーム・公式戦
サッカー専用トレーニング用品多数
ミニゲーム 公式戦ゴール
サッカー専用練習用グッズ多数