オフザボールの動き|ビルドアップ編

アギーレ監督は選手選考の基準の一つとして、「90分ゲームで、1人がボールを持っている時間は2分しかない。残り88分のボールを持っていない(オフザボール)時間をどう使うか注目している」と答えたそうです。
今回はオフザボールがいかにチームに貢献できるかを、実際のプレーを再現しながら見てみましょう。

続きを読む

センターバックがフリーになれ! ジュニア8人制の場合のビルドアップ

8人制でのビルドアップの方法を紹介します。
センターバッグがフリーになってボールを保持することで、非常に有利な状況で攻撃の起点となることができます。

 

*実録です。
Tiki-Takaスタイルを志向するコーチが、実在するチームのU12の選手にどのように説明しているか、教えていただきました。チームはごく普通のクラブチームで、この学年は「たまに見栄えはいいサッカーをするが、弱い」とのことです。

続きを読む

3対1|ロンドをボール回しにしないために必要な3つのポイント

Tiki-Takaスタイルでは、基本中の基本。最も大切な基本練習、3対1の「ロンド」を紹介します。日本中で行われているであろう、「鳥かご」「ボール回し」ではなく、「ロンド」です。
 

設定

  • マーカーを使って、グリッドを作ります。小学6年生で8m、中学3年生で10mくらいが目安
  • スペースを限定せず「ボール回し」を行っているのを見かけることがありますが、必ず制限のあるスペースで行います

続きを読む

パスを受ける前に周囲の状況を確認する練習

シャビは「プレー中も、スタジアムの上から眺めるようにピッチ全体が見える」と聞いたことがありますが、本当なんでしょうか?本当なんでしょうね。
 
サッカー選手として「周りが見えない」「視野が狭い」という欠点は、「スピードがない」「パワーがない」というフィジカル的な欠点より、はるかに大きな欠点となってしまいます。
 
コンパクトなスペースで、プレースピードが早い現代サッカーでは、「見て」⇒「判断して」⇒「プレー(実行)」というサイクルを高速で休みなく回転させながらプレーしなければいけません。

続きを読む

良い練習メニューを見分ける簡単な2つのポイント

どんな練習をすれば、サッカーが上手くなるのか。次はどういう練習をすればいいのか。
仕事(本業)中も頭を悩ます指導者も多いはず。

書籍で勉強したり、ネットで検索したり、高いDVDを買ったり、有給を使ってセミナーやクリニックに参加したり。皆さん、本当に努力されてますよね?

続きを読む

3対2|三角形のポジショニングをゲームの中で感覚として覚える

「いかに多くのパスコースを作るか」は、Tiki-Takaスタイルでは、重要なテーマ。

ボールを保持する味方に対して、最低3本のパスコースを作りづつける必要があり、3本のパスコースは、菱形によって確保されます。

菱形は、三角形が2つでできますから、3対2は、菱形を作る前段階として、徹底して三角形のポジションを取り続けるトレーニングです。

続きを読む

コントロールオリエンタードとドリブルの練習メニュー

スペインに「コントロールオリエンタード」というサッカー言語があります。
聞き慣れない単語でピッタリくる直訳がないのですが、特に新しいわけでも、高度なプレーでもありません。
 

日本の現場で使われる「ファーストタッチ」が近いですが、「トラップ」とは違います。
「次のプレー方向を意識したコントロール」となります。
 
実際の試合のプレーで見てみましょう。

続きを読む

運ぶドリブル|ビルドアップしながらスムーズに前進する方法

特にジュニア年代では、「ドリブル」にこだわったトレーニングをされるチームが多いようですが、「ドリブル」を「運ぶ」ドリブルと、「抜く」ドリブルに分けて、トレーニングされてますか?
 
多くの場合、「抜く」ドリブルのトレーニングではないでしょうか?
 
「ドリブル」=「足元の技術」ではなく、ゲームを支配するための手段と考えるなら、「運ぶドリブル」も有効に使えなければいけません。ここでは「運ぶドリブル」の練習方法を紹介します。
 
続きを読む