シュートは低く打て! 2つの理由を小学生に説明してみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハズレが多いのと少ないのでは、どっちがいい?

 

「ハズレ100枚と当たり10枚」のくじ箱と、「ハズレ50枚と当たり10枚」のくじ箱があったらどっちの箱を選ぶ?当たりの商品は一緒だよ。

そんな話をしながら、小学生に「シュートは低く打て」「その方がお得」と説明してみました。

シュートは低い方がお得な理由

1.ハズレが少なくなる

(図を描きながら)

 

シュートがゴールを外れるタイプはこの3つしかないよ。

まず、横に外す。さっきの試合のフウタね。

上に外す。これはコウキのシュート。

横にも上にも外す。ナナの得意技。

じゃあ、もし、君たちだけ、「ゴールの高さより上に跳ばない特殊なボール」でシュートしたら、どうなる?

 

色のついたハズレが大幅に減るよね。
ハズレは少ない方がよくない?

 

だから低く打った方がお得なん。

2.キーパーが取りにくい

 

もうひとつ、キーパーの立場になって考えてみよう。

(前の試合でキーパーと1対1でシュート。ゴール枠内には向かったものの、キーパーに弾かれた選手をキーパーにして、実際に軽くシュートしながら説明しました)

(みなさんも、自分がキーパーになって、正面からシュートを打たれているイメージでご覧ください)

 

準備いい?
3回蹴るからね。キャッチしてね。

(1回目)
コース:キーパーの右50センチくらい
高さ:キーパーの胸のあたり

 

この辺に飛んで来たら、サッと右手が出ます。

じゃ、もう一回ね。

 

(2回目)
コース:キーパーの右50センチくらい
高さ:キーパーの頭上20センチくらい

 

ここでも、サッと右手がでます。

次、最後ね。

 

(3回目)
コース:キーパーの右50センチくらい
高さ:キーパーのスネくらい

 

とっさに足が出て、なんとかボールに触りました。

どれが一番取りにくい?

(普通であれば、3番目と答えるはずです。一応、チームのキーパーにも確認しましょう)

 

なんで3番目だと思う?

 

ひざから頭くらいの高さは、キーパーじゃなくても反射的に手がでそうじゃない?
この辺に虫が飛んできたら、パッと手が出て追い払うでしょ?

 

でも足首くらいの高さだったらパッと手が出るイメージある?
虫がきたら、さっと逃げない?

そういうこと。
キーパーにとって、キャッチしにくさが全然違うよね。

 

だから、シュートは低い方がいいよ。絶対ではないけど、基本ね。

最後に宣伝を一つ

 

ゴールに付いてるオレンジ色のシュートターゲット、シュート練習に良さそうではないですか?
ほとんどのゴールに、簡単に取り付けできてすぐ外せます。4つセットで4,600円。詳しくはこちらへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*