簡易テントを広げる時は、必ず風対策を!

簡易・ワンタッチテントは、どのような形状のテントでも、非常に風に弱いです。風でテントのフレームが折れる訳ではありませんが、風で飛ばされて、地面に叩きつけられると、スチール製のフレームでも簡単に曲がったり、折れたりします。

6x3Mの大型テントでも同じように、風対策がないと飛ばされます。

テントの脚をペグで固定する方法

最も簡単な方法です。
テントフレームの脚に穴がありますので、そこにペグを差し込みます。

ペグはハンマーなどを使って打ちます。足で押し込むと、ペグが曲がってしまいますのでご注意ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロープとペグを使う方法

テント天幕にロープをくくりつけて、地面に刺したペグと固定します。
テントの脚にペグを刺す方法より、効果があります。

tent-rope

直径5m以上の太めのロープをお使いください。

tent-rope2

tent-rope3

脚に重り(ウエイト)を付ける方法

鉄、砂、水を重りにして、テントの脚に付ける方法です。
常設に近い形で使用するなら、「鉄」か「砂」。

簡易テント用なら「水」を重りにする方法がおすすめです。
使用しない時に軽くなりますので。

tent-weight003

tent-weight008

*上記の風対策を行っても、簡易テント・ワンタッチテントは飛ばされてしまうことがあります。人が脚を持って押さえなければいけないような強風の場合、簡易テントは使用しないでください。

*Fungoal.comの簡易テント・ワンタッチテントには上記のペグ、ロープは含まれておりません。
重り(ウエイト)は別売りとなっております。

こちらもおすすめです

104,800 

イベント用エアードームテント。空気を入れるだけで完成。

32,300 

7色の簡易・ワンタッチテント【3x3M】。横幕や重しなどオプションが充実。イベントとスポーツに簡単テント

5,880 

簡易テントの重り。ウェイト。容器タイプとバッグタイプの2種類。容器タイプは安定。バッグタイプは収納がコンパクトに。両方とも水を重しにします。

1,280 

簡易・ワンタッチテントを固定するための自在金具、ロープ、ペグの3点セット。2脚分。どこよりも詳しく使い方を紹介。