交通安全ビブスのコラージュ

交通安全活動用ビブスの制作

小学生の登下校を見守る「交通安全」のビブス。

交通安全ビブス1

無地のビブスに、

交通安全ビブス2

「交通安全」をプリント。

交通安全ビブス3

プリントできる枠のサイズは大で28*14センチ。

交通安全ビブス4

この枠内であれば、文字数が多くても価格は変わりません。
ですので、交通安全を若干小さくして、

交通安全ビブス5

地区名を入れてみました。

交通安全ビブス6

枠は印刷されませんので、仕上がりはこんな感じに。

交通安全ビブス1

無地ビブスの10枚セットが4,500円。オリジナルプリンの「大枠」は1枚480円。10枚で4,800円。
合計9,300円となります。「版代」はかかりません。

仮に、後ろにも同じ大きさでプリントすると、プリント代が4,800*2=9,600円、合計14,100円です。

「安全」をイメージしたイラストも用意しました

ご希望がございましたら、これらのイラストは無料でお使いいただけます。

交通安全ビブス1 交通安全ビブス2 交通安全ビブス3 交通安全ビブス4 交通安全ビブス5 交通安全ビブス6 交通安全ビブス7 交通安全ビブス8 交通安全ビブス9 交通安全ビブス10 交通安全ビブス11

交通安全ビブスにおすすめの色

蛍光色のイエローとオレンジ。明るく目立つスカイブルーがおすすめです。

ビブスについてのまとめ・補足・お役立ち情報

商品についてよくある質問

    • ございません。
    • ございません。
    • 可能です。詳しくはお問合せページよりお尋ねください。

こちらもおすすめです

920 

ボランティア ビブスの制作。地域の社会活動、ボランティア活動をイメージしたイラストを社名・団体名と一緒にプリントします

920 

幼稚園児、保育園児向け、小さなお子さんの活動向けビブス。キッズのイラストと園名でオリジナルビブス制作します。

4,500 

無地ビブス。プリントしてオリジナルビブス制作可。

320 

番号入りビブスにチーム名・団体名をプリント

320 

無地のビブスにチーム名、スローガン、ロゴなどを印刷してオリジナルビブスを制作。企業、団体、町内会のイベントで。

4,980 

番号入りビブス。11色3サイズから。11枚セットと追加で5枚セットも。

ビブス関連リンク

交通安全運動とビブス(寄稿コラム)

何よりも大切な子供の命を守るために、行う交通安全運動。期間中校区内の見回りパトロールを行ったり、交差点で安全指導を行ったりと地道な活動をしている姿を、いろいろなところで目にします。

もちろん、それだけでも大きな効果はありますし、やらないよりはやった方が断然いいのは間違いないことです。 ただ、効果的にやれているかといえば、なかなか難しいのも現状。

そこで、交通安全運動の効果的な方法として、ビブスを活用する方法を皆さんに提案したいと思うわけです。 理由は、ズバリ、派手だからです。

ビブスとは何か

まずビブスについてですが、ビブスとは、サッカーの練習などで選手が着ている蛍光色のチョッキのようなもの。 服の上からスムーズに着用できて、蛍光色の物はかなり遠くからでも目立つ派手な衣装で、地域の防災訓練や工事現場などでも来ている人をたまに見かけます。

私はこのビブスを交通安全運動に使用したら、かなり派手になると思っているのです。

もちろんすでに交通安全運動にこのビブスを使っている自治体はあります。 その理由も、たぶんではありますが、派手だからに尽きると思うんですよね。

交通安全運動は誰に向けてやっているのか

とはいえ、交通安全運動に派手さは必要なのか。

特に、交通安全運動のようなちゃんとした目的のもとに行われる活動に、派手さや目立つという要素は必要ないという人もいるでしょう。

しかし、私は、交通安全運動だからこそ、ほかの運動よりも派手さが必要だと思っているのです。

というのも、交通安全運動は、校区内の児童生徒やその保護者への注意喚起のためにやっているわけではないのです。

考えてみれば、生徒の保護者が子供たちのために交通安全に気を付けているのはこれはもう前提のようなものですし、児童生徒に関しては、地域も学校もしっかりと交通安全の指導はしています。

では交通安全運動は誰に対して行っているのか。

それは、道を通る一般のドライバーやライダーに対して行っているのです。

目立たない服装でやってもドライバーへの注意喚起にならない

そんななか、普段着や目立たない服装で交通安全運動を行っていても、ドライバーの視界には残りません。

ところが、ビブスのような蛍光色でしっかりと目立つ格好であるなら、この点がかなり改善されます。

蛍光色や派手な色のビブスを着ていれば、車に白バイクにしろ、それを運転している人からはかなり遠くから目立ちますし、認識されます。

そこに太字で交通標語など書いていたら、効果は倍増。 しっかりと、注意喚起ができると思うんですよね。

統一感は大事

しかも、ビブスを使えば、交通安全運動をしている参加者全員に統一感が出ます。

ビブスの場合、タスキやゼッケンのようなものだけとは格段の差で、まるでユニフォームを全員でそろえているような感覚を与えるほどの統一感を感じます。

これは結構大切なポイント。

というのも、もしあなたがドライバーで、地域の人たちがそれなりの数で、道路上での交通安全の指導や交差点でのパトロールをしているときに、皆で同じビブスを着ていたらどう思いますか。

ああ、この辺りは交通安全に力を入れているのだなと、思いますよね。そしてそれは子供たちを事故から守る交通安全効果としてはかなり効果が高いのです。

どんなドライバーでも、ほかの場所より、注意深く運転してくれるはずです。

交通安全運動こそ派手で目立つスタイルで

交通安全運動は、子供の命に直結する大事な運動です。

こういう運動こそ、地域で統一感をもって、派手で目立つスタイルがふさわしくないでしょうか。

しっかりと目立つ格好で、この地域は交通安全に対して強い意識を持っているということ、ドライバーやライダーにしっかり認識してもらう交通安全運動。

そんな活動に、ビブスはきっと役に立つでしょう。