ビブス

4,980 

番号入りビブス。11色3サイズから。11枚セットと追加で5枚セットも。

710 

サッカー専用オリジナルビブス。《よろこび》《スター》などサッカーをイメージしたテーマを10種類ご用意しています。

320 

番号入りビブスにチーム名・団体名をプリント

4,500 

無地ビブス。プリントしてオリジナルビブス制作可。

320 

無地のビブスにチーム名、スローガン、ロゴなどを印刷してオリジナルビブスを制作。企業、団体、町内会のイベントで。

920 

ビブスの制作。地域の社会活動、ボランティア活動をイメージしたイラストを社名・団体名と一緒にプリントします

920 

幼稚園児、保育園児向け、小さなお子さんの活動向けビブス。キッズのイラストと園名でオリジナルビブス制作します。

1,220 

22番以上のビブスを1枚から制作。

1,420 

審判服を着るまでもない時のレフリービブス。2枚組。数量割引き

4,520 

大会・イベント運営用スタッフビブス。

500 

ビブスにエンブレム・ロゴをマーキング

210 

ゼッケン(ナンバーカード)をフルカラーで制作

ビブスとは

ビブス(bibs)とは、本来、ビブ(bib)の複数形。ビブとは<よだれかけ><胸あて>のこと。
日本ではスポーツやイベントで、チームやグループを識別するための着衣のことをビブスと呼びます。

サッカーやバスケットの練習ではメッシュ素材のビブスを簡易ユニフォームとし、着用したまま練習します。また、サッカーでは試合中、審判がベンチの選手と出場している選手を混同しないように、ベンチの選手が着用。

イベント用としては、来場者がわかりやすように、イベントの関係者やスタッフが着用します。

ゼッケンとの違い

特に明確な規定はありませんが、一般的には「ゼッケン」は陸上やマラソン大会などで使用する番号(氏名)の入った布のこと。ゼッケンはユニフォームに取り付けるのに対して、ビブスはユニフォーム代わりに着用します。